歯周病治療の内容について

歯周病にかかっている国民の割合は8割を超えていて、日本人が歯を失う原因の1位がこの病気によるものです。

虫歯の場合は、菌が歯を溶かしていき、痛みがありますが、歯周病は歯そのものではなく、歯の周りの組織になる病気で痛みがありません。


そのため、発見が遅くなり、気づいたときには大分症状が進んでいたということが少なくありません。
歯周病治療は、歯周病の進行を食い止め、症状を改善させるために行われます。

治療の前には、歯茎の検査を行い、歯周病の状態を確認します。



ポケットと呼ばれる、歯茎の隙間の長さを測る検査で、正常であれば2ミリ程度ですが、歯周病になると数値がどんどん増えていきます。ポケットが大きいということは、歯を支える骨がそれだけなくなっているということです。

歯茎は腫れて、膿や血が出ることもあります。骨がしっかりしていないので、歯が浮いたように感じ、グラグラすることもあります。

歯周病治療の特徴を紹介するサイトです。

歯周病治療では、炎症の原因となる、お口の中の汚れを除去していきます。

汚れは初めのうちは歯ブラシで取れるほどやわらかい状態ですが、唾液の中のカルシウムと結合することで、石のように固くなり、歯石と呼ばれる状態になります。
歯石は歯ブラシでは取れないので、歯科医院で取らなければいけません。

歯周病治療では、目に見える歯石だけでなく、歯茎の中の歯石まできれいに取って、菌が増えないようにしていきます。噛み合わせなどの治療も行い、歯茎の腫れを抑えていきます。

nanapi情報サイトについて考えます。